本文へスキップ

介護福祉士 合格

介護福祉士とは/高齢化社会の有望資格、介護福祉士

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに障害がある人の入浴、排せつ、食事、その他の介護を行い、その人や介護者に介護に関する指導を行うことのできる国家資格です。

介護福祉士は、社会福祉士がソーシャルワーカーと呼ばれるのに対し、ケアワーカーと呼ばれます。

1987年(昭和62年)にできた制度で資格登録者は910,238名です。(2011年3月末日現在)
 
職種の具体的なものとしては、福祉施設では、老人ホーム、身体障害者更生援護施設の「寮母・寮父」と呼ばれる介護職、在宅では、高齢者・心身障害者関係の「ホームヘルパー」などがあげられます。

また、介護職としての専門性をいかして、地域包括支援センターの職員などのように相談に当たる場合もあります。





通信講座

 介護福祉士 講座  

平成21年度試験ユーキャン合格者数6,776名!

受験経験や、学習経験がなくてもどんどん合格しています!

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円!!




TOP PAGE

ベスト参考書

リンクについて

   LINK1   2   3   4   5   6   7   8

免責事項