本文へスキップ

介護福祉士 合格

介護福祉士の職場/高齢化社会の有望資格、介護福祉士

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

介護福祉士の職場

介護福祉士の活動場所としては、特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、その他の社会福祉施設があげられる。

また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士資格は有用である。


■介護老人福祉施設
65歳以上の高齢者による常時、要介護とされる方。心身に重度の障害をもち、在宅での生活が困難になっている方が対象とした施設です。


■介護老人保健施設
医学的管理、看護を要する介護やリハビリといった機能訓練が必要な高齢者のための施設。
病院退院後、自宅での生活に不安があったり、看護や介護が必要な高齢者に対して、病院と家庭との中間的役割を果たす施設です。介護保険法による介護保険施設の中の1種で、申請により都道府県知事の許可を受けた施設。入所して施設サービス、必要な医療、リハビリテーションやADL(日常生活動作)訓練などが受けられる施設。


■認知症性老人グループホーム
認知症対応型共同生活介護を認知症性老人グループホームといいます。
安定状態にある認知症の要介護者に対する日常生活の援助や機能訓練といったリハビリなどを行う。


■ケアハウス
介護利用型軽費老人ホームをケアハウスといいます。
自立した生活を維持できるように工夫された軽費老人ホーム。


■通所介護・デイサービス・デイケア
バスなどの送迎を利用し、施設にて半日ほどの日帰りで、入浴・食事・日常生活上の世話や、健康状態の確認、日常動作訓練、機能訓練などのリハビリ、レクリエーション活動などのサービスなどを受けます。
介護保険法による在宅(居宅)の要介護者、要支援者が対象。


■短期入所生活介護(ショートステイ)
ご家族の旅行などにともなって主に65歳以上の要介護者である高齢者の介護者の在宅介護が一時的、短期間に困難になった場合に、高齢者をその間の期間だけ受け入れることをいいます。





通信講座

 介護福祉士 講座  

平成21年度試験ユーキャン合格者数6,776名!

受験経験や、学習経験がなくてもどんどん合格しています!

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円!!




TOP PAGE

ベスト参考書

リンクについて

   LINK1   2   3   4   5   6   7   8

免責事項