本文へスキップ

介護福祉士 合格

介護福祉士の収入/高齢化社会の有望資格、介護福祉士

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

介護福祉士の収入

介護福祉士に限らず、介護にかかわる仕事の収入は、一般的に低いという印象があります。

事実、 国もその対策の一つとして介護報酬の改定を実施するなど、改善の傾向はあるものの、他の職種と比べると決して高くないといううのが現状です。

介護福祉士として介護の仕事をされている経験者の方の話を参考にしてみると、年収にして300万円前後というのがもっとも一般的です。

もちろん実際に就職する有料老人ホームなどの職場によって給与待遇は変わってきます。

介護福祉士の求人情報をのぞくと、その実態が見えてくるでしょう。

多くの場合基本給が月額150,000円〜200,000円前後が中心です。

また、介護福祉士の資格保持者には5,000円〜15,000円前後の手当がつきます。

また夜勤の場合は、1回につき3,000円〜10,000円程度の手当がつきます。

手当などを総合すると、介護福祉士の給料は月額200,000円〜250,000円前後、年収は300万円〜350万円前後が平均的な金額です。

もちろん有料老人ホームなどでサービス提供責任者になる、介護福祉士の資格のほかに社会福祉士やケアマネジャー・福祉住環境コーディネーターなどの資格を取るなどしてスキルアップを図る、まじめに仕事をこなして昇給・出世する、経験を活かして独立するなどしてさらなる給与アップは可能になります。

生活するに当たり、毎月の給料の問題というのはもちろん重要でしょう。

これは介護の仕事に携わる介護福祉士の方も同様だと思います。

しかし介護福祉関連の仕事をする方々に一番求められているのは、「人の役に立ちたい、福祉の仕事がしたい」という気持ちではないでしょうか。

他の仕事以上にこう言った気持ちの部分が最も重視されるべき仕事ではないかと思います。

是非、そういった方たちに取り組んでいただきたい資格であり職種ですね。





通信講座

 介護福祉士 講座  

平成21年度試験ユーキャン合格者数6,776名!

受験経験や、学習経験がなくてもどんどん合格しています!

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円!!




TOP PAGE

ベスト参考書

リンクについて

   LINK1   2   3   4   5   6   7   8

免責事項