本文へスキップ

介護福祉士 合格

社会福祉士・ホームヘルパーとの違い/高齢化社会の有望資格、介護福祉士

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

社会福祉士・ホームヘルパーとの違い

介護福祉士と社会福祉士のどちらも国家資格であるのに対し、ホームヘルパーは厚生労働省が認定した事業者の講習を修了することで資格が取れる公的資格です。

介護福祉士は別名「ケアワーカー」とも呼ばれます。

その仕事は高齢者や身障者の食事・入浴・排泄などの直接介護、さらにその家族に対して介護に関する相談や指導を行います。

社会福祉士は別名「ソーシャルワーカー」とも呼ばれます。

その仕事は高齢者や身障者の福祉に関する相談、助言やアドバイスなどを行います。

ここから、介護福祉士が実際に介護を行うという実践介護の要素が強いのに対し、社会福祉士はカウンセラー的な要素が強いといえます。

またホームヘルパーは別名「訪問介護員」と呼ばれます。

高齢者や身体障害者の家庭を訪問、日常生活全般の援助を行う職業です。

仕事の内容は介護福祉士とほとんど変わりませんが、介護福祉士では老人や身体障害者などの施設に勤めるなど、活躍の場が広くかつ待遇もいいケースが多いです。





通信講座

 介護福祉士 講座  

平成21年度試験ユーキャン合格者数6,776名!

受験経験や、学習経験がなくてもどんどん合格しています!

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円!!




TOP PAGE

ベスト参考書

リンクについて

   LINK1   2   3   4   5   6   7   8

免責事項