本文へスキップ

介護福祉士 合格

介護福祉士試験概要/高齢化社会の有望資格、介護福祉士

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

介護福祉士試験概要

試験時期

年1回

筆記試験:例年1月

実技試験:例年3月(筆記合格者のみ受験可)

試験形式

筆記試験はマークシート形式(5肢択一)

受験資格

「3年以上の実務経験」、もしくは「福祉系高等学校の卒業」のいずれかを満たしている必要があります。

3年以上の実務経験を満たす方

  1. 児童福祉法、障害者自立支援法、生活保護法、老人福祉法などに規定する施設等で、専ら介護等の業務に従事している者。
  2. 知的障害者・障害児の居宅介護事業等に従事するホームヘルパー。介護保険法における居宅サービスに従事する訪問介護員や介護職員。
  3. 介護等の便宜を供与する事業を行う者に使用されるもののうち、その主たる業務が介護等の業務である者。
  4. 個人の家庭において就業する家政婦のうち、その主たる業務が在宅での介護等である者。
  • 学歴・年齢・性別は不問
  • 筆記試験の前日までに実務経験「満3年」を満たせばOK
  • 正社員でなくパートや嘱託でも、条件を満たしていれば受験可能

[注意]

  1. 「業務に従事した期間が3年以上」とは、上記の者であった期間が通算して1,095日(3年)以上であり、なおかつそのうち介護等の業務に従事した日数(1日当たりの時間は不問)が540日以上であることをいいます。また、勤務する(した)施設の長、事務所長、使用者が発行する 「実務経験証明書」が必要となります。
  2. 社会福祉施設の生活指導員、作業指導員、看護師ならびに病院勤務の看護師は、受験資格の実務経験対象にはなりません。尚、病院勤務の介護員も原則としては対象外ですが、例外として認められる場合もあります。ボランティア、学生アルバイト、家族の介護の経験等の場合は受験できません。

福祉系高等学校の卒業者

高等学校または中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目・単位数を修めて、卒業(見込み含む)した者。

  • ご自分に受験資格があるかどうかについては、必ず下記の「試験センター」にご確認の上でお申込みください。

受験料

10,650円(別途、「受験の手引」料600円が必要)

詳細情報







通信講座

 介護福祉士 講座  

平成21年度試験ユーキャン合格者数6,776名!

受験経験や、学習経験がなくてもどんどん合格しています!

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円!!




TOP PAGE

ベスト参考書

リンクについて

   LINK1   2   3   4   5   6   7   8

免責事項